2007年08月30日

中国株式市場が日本超え=好景気背景に時価総額で−英紙

とうとう中国に追い抜かれた日本、、、ですが、このあと中国を、どのような時代が待ち受けているのか・・・

(ヤフーニュースより引用)

2007年8月29日、香港株式市場に上場している中国企業株を含めた中国株式市場の時価総額は、18か月連続の高値を記録している市場を反映し、日本の株式市場をついに追い抜いたとする英国メディアの報道が紹介された。

海外のエコノミストは、日本の前日の株式市場終値時価総額が4兆7000億ドルであったのに対し、中国株式市場の合計時価総額は4兆7200億ドルであったと指摘。中国国内のエコノミストが主張する「中国経済の潜在的実力」に同調する趣旨の評価を下している。

報道では、今年の中国株式市場は次々と記録を塗りかえてきたとしながらも、あまりにも急激な中国株価の高騰が、世界規模での金融不安を招く原因にもなっていると説明している。

昨年、香港と上海の株式市場に上場した中国工商銀行は、現時点で時価総額世界最大の銀行であり、中国人寿(ChinaLife)も時価総額最大の生命保険会社となったと紹介している。
 
posted by 中国株 at 14:19| 中国株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。